TOEIC800点取ると英語が話せるようになる?TOEIC800点前後の人の英語力とは⁉︎

英語力UP情報
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、wakaです😊

私は先日、自分の英語力を測るためにTOEICを受験してみました!
TOEIC試験の結果は795(990点満点)だったのですが、5点の差はあるものの、大体800点前後と言えます。

TOEIC800点程度というと、一般的には英語ができる人として評価されていますが、皆さんはTOEIC800点の人の英語力ってどの程度だと思いますか


という事でこの記事では、TOEIC800点程度の人はどのくらい英語ができるのかという事を、丁度TOEIC800点程度を取得した自身の経験から解説します🌟

一般的なTOEIC800点に対する評価

TOEICといえば、600点程度から履歴書に書けると言われており、まずは600点を目指して対策し始めることが多いです。
レベルとしては、TOEIC600点で英検2級程度の英語力があると言われています。


私の場合はTOEIC 795点を取得したのですが、TOEICの点数を周りの人に教えると、

友人
友人


TOEIC800近く取れるの⁉︎
すごい!

とか、

上司
上司


TOEICでそのくらい取れるならもう英語ペラペラに話せるんでしょ?


等と言われることも多く、

一般的には、
『TOEIC800点を取得=英語が話せる
と、評価されていると思います。

また、TOEICの点数を社員の採用や昇進の要件としている企業でも、一部の外資系企業を除くとTOEIC800点を超えていれば大抵の企業の基準を満たし、英語力のある人材として採用されたり昇進や海外赴任の候補となることもあります

ちなみに、TOEICの公式サイトの公表値を見ると、2019年の日本のTOEIC平均スコアは523点で、795点以上の人の割合は大体14%〜18%程度のようです。(結構いるよ)


TOEIC 795点を取得した私の英語力とは⁉︎

ビジネスシーンで使用される英語が出題され、日本では企業からの評価も高いTOEIC試験ですが、

TOEIC800点前後を取得した今、
さて、私は一般的に評価されているように英語をペラペラに話せて英語で仕事ができるかといえば、答えはNO‼︎です

確かに TOEICを学習する過程で多くの単語を学び、簡単な日常会話はできるようになりましたが、

仕事で使う英語としては外国人と英語でビジネスの電話をしたり、会議をすることは私のレベルでは難しいと感じます

それでは795点を取得した今、私の英語力がどのくらいなのかと言うと、


1. 外国人と話すときに動じずに自分の意見が言える

2.英文のメールはほぼ理解でき、専門用語を調べながら論文が読める

3.話し慣れた友達や彼氏との日常会話ならこなせるが、長い文を説明されたり訛りが強い人だと理解できないことがある

4.日常会話でも知らない単語が出てくるのでよく聞き返す

5.ネイティブの使うイディオムはあまり知らない

6.自分が説明するときはシンプルな単語や簡単な構文でしか表現できず、ビジネスで使うにはプロフェッショナルさに欠ける

7.何かを説明しようとすると文が出てこず言葉が詰まる

と言った感じです。

もし私がこの英語力で仕事をするとなると、
メールや資料を読むことはできるけども、話すとなると相手の言っていることが分からなくなったり言葉に詰まるなど、英語力が原因で英語での業務に支障をきたすことでしょう




TOEICの点数が高くても英語が話せない理由

残念ながら、一般的なTOEICの評価とは裏腹に、TOEICの点数があるからといって英語を使って仕事ができるほどペラペラに話せるようになるわけではありません

どうしてかと言うと、一般的に受験されている TOEICは TOEIC L&Rの方で、リスニングとリーディングのみの能力しか試されないからです

近年では大学受験英語に4技能を組み入れる動きが議論され、スピーキングとライティングを測る TOEIC S&Wを受験する方も増えてきましたが、まだ一般的ではありません。


私がTOEICを受験するまでにやったことと言えば、基本的な文法単語帳に加えて参考書机の上で勉強し、英語を間違えても支障のない友達や先生と会話をしていたのみ。

ビジネスで使えたりスピーチができるようになるようなスピーキングの練習はしていないので、綺麗な英語をペラペラと話せなくて当然なのです

さらに、 TOEICのリスニングのスピードはゆったりで、普通の会話では TOEICの1.5倍速くらいの速さで会話が進みます

そこに各話者のアクセントや TOEICでは出てこないイディオム等が相まって、TOEICでは高得点をとっても、実際にネイティブとの会話になると全然聞き取れないということも多いのです
また、話す時にうまく文法を組み立てられなかったり、発音が悪くて相手に伝わらないという事もあります。

TOEIC800点程度のレベルは英検で言うと準1級相当だと言われていますが、スピーキングとライティングを含めた4技能全てを網羅している英検を取得している人の方が、実際に使える英語能力を備えているかも知れません


TOEIC800点を取っても英語は話せない?例外の人とは?

私の場合はまだまだ業務に使えたりスピーチができるような能力はありませんが、
じゃあTOEICが800点くらいの全ての人が実戦で使える英語力がないのかと言うと、そうではないと思います。

実際に海外留学やワーキングホリデーをしたことがある人は、現地でアルバイトをしたり実際に現地の人と交流することで、試験には出ないけど実際によく使われる表現を知っているなど、実践的なスピーキング能力を持っているはずです。

英語は結構単純な単語で成り立っているので、私が今まで出会った人の中でも、英語でペラペラやりとりが出来ても難しい単語を知らない人もいますし、TOEICは時間勝負の試験なので単に試験対策不足な人もいるかも知れません

実際に英語環境で揉まれたことがある方はプレゼンやオフィスでバリバリ英語を使うことができなくても、レストランやホテル等、高度な英語力を必要としない仕事は英語でこなせるなど、ある程度実践的な英語能力を持っていることもあるでしょう🌟


TOEICって意味ないの?それでもTOEICを受ける理由。

これまで、TOEIC800点程度では英語をペラペラに話せるわけではないことを説明しましたが、それは、TOEICが英語を話すために意味がないわけではありません

英語を話すためには英語の基本的な文法・単語・発音・英語独特の表現等を知っておかなければいけないので、TOEICに向けて勉強することは英語の基礎知識をつける良い練習になります

なので、TOEIC L&R対策に加えてスピーキングとライティングを合わせて練習すれば、英語ペラペラの道にグッと近づくでしょう😊✨


更に、TOEICの1番の魅力は難易度が高くない割に周りからの評価が高いことですので、特に学生や転職・昇進を考えている方は積極的に挑戦するべき英語資格だと思います⭕️


どうしたらTOEICの点数を上げられるか。

TOEICは、

・基本的な文法を抑える
・単語を覚える
・テスト形式になれる
・英語を大量に聞く


ということを意識すれば、800点近く取得することができます。

特にリスニングに関してはリーディングよりも点数が上がりやすいので、TOEIC800点くらいまではリスニングを重点的に対策するのが近道でしょう🌟

また、国内で英語力を上げるには欠かせないオンライン英会話は、 TOEICの対策にも効果があります❗️ (特にリスニング力)

ネイティブキャンプQQ EnglishのようにTOEIC対策の教材があるスクールもあるので、うまく活用してくださいね✨

⇨ネイティブキャンプのサイトを見る
⇨QQ Englishのサイトを見る



ちなみに私の場合は、下の記事で紹介している方法でゆるく勉強してきて、スタディーサプリを少し試した以外には特に対策せずに試験を受けました。


また、TOEIC900点以上を取得するためにはきちんとした対策が必要になってくるので、 対策をしてTOEIC900点を取得したらまた勉強法もシェアしたいと思います🌟



また、今回の記事のと同じテーマで、TOEIC800点程度の私のオンライン英会話の様子を含めて動画にしたので、気になる方はそちらもチェックして見て下さい😊

TOEIC(だいたい)800程度の人の英語力とは!? オンライン英会話を受けてみたよ。


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!😊✨



関連記事

コメント