〜カランメソッドと質の高い授業で有名なオンライン英会話のQQenglishが1ヶ月無料キャンペーン実施中〜

詳細はこちら

オーストラリア史上最悪の森林火災に助けを!現状と原因、募金方法まとめ。12億匹以上の動物が犠牲に

海外あれこれ
Firefighters hose down trees as they battle against bushfires around the town of Nowra in the Australian state of New South Wales on December 31, 2019. - Thousands of holidaymakers and locals were forced to flee to beaches in fire-ravaged southeast Australia on December 31, as blazes ripped through popular tourist areas leaving no escape by land. (Photo by SAEED KHAN / AFP) (Photo by SAEED KHAN/AFP via Getty Images)
スポンサーリンク

(2/2)ページ

募金方法まとめ



日本に住んでいる私達は、現地に行って、実際に被災した人や動物の手助けをする事は難しいですが、

何か助けになりたい、

と思われるのであれば、募金する事が現地への大きな助けとなるでしょう。

ということで、いくつか、オーストラリアの山火事の被害へ募金が出来るサイトをご紹介します。


①. ピースボート災害支援センターから寄付をする


ピースボート2020年オーストラリア森林火災 緊急支援募金のページはこちら


ピースボート災害支援センターは、国内外の地震や自然災害等の支援を行っている、日本の団体です。現在、緊急支援募金としてオーストラリアへの募金を行なっています。


②. 野生動物を助ける



WWFへ募金する(日本、オーストラリアのサイトあり)


WWFジャパン募金サイトはこちら



WWF(世界自然保護基金)とは、約100カ国で活動している、世界でも大きな環境保全団体です。

WWFジャパンでは、2020年2月末までYahoo!ネット募金のサイトにて、「オーストラリアの森林火災支援」募金を受け付けており、集まった募金は、WWFジャパンよりWWFオーストラリアに送金し、野生生物保護とその生息地の回復のために、使うとのことです。

WWFジャパンの集めているYahoo!ネット募金はTポイントでも支払いが可能なため、募金のハードルが低いですね。


WWFオーストラリアの募金サイトはこちら



また、WWFオーストラリアのサイトからも直接募金も可能なため、現地へ直で寄付したい方や、日本語サイトでの募金期間が終了してしまった場合は、WWFオーストラリアのサイトから寄付ができます。

その場合、

「GIVE ONCE(一度のみ)」もしくは、
「GIVE MONTHLY (毎月払い)」が選べます。

募金したい金額を選び、メールアドレスや名前、クレジットカード情報を入力すれば募金できるようになっています。





WIRES (NSW州野生動物情報・保護・教育サービス)へ募金する



WIRESの募金サイトはこちら

WIRES (NSW Wildlife Information, Rescue and Education Service)は、

NSW州周辺の、病気やケガ、親のいない野生動物の保護や、 野生動物を保護するボランティアのへの教育 を行っている施設です。

WIRESでは、長期間の火災によって水や食料が不足する中、さまよう動物たちのために募金を呼びかけています。

寄付は、下の画像のように、$200、$100、$50、もしくは$10から募金したい額を設定することができます。

募金額を選択し、必要な情報を入力して「Submit」を押せば寄付完了です。

※Submitを押した後にエラーのメッセージが表示されることがありますが、再びSubmitを押さずに、後からカードの明細を確認するようにとの注意書きが書かれています。(通常だとThank you と続くページに飛びます。)






被災したコアラを助ける(コアラ病院へ寄付)

Port Macquarie Koala Hospitalの募金サイトはこちら



上記でもお伝えした通り、オーストラリアの森林火災の原因の殆どがコアラの餌である、ユーカリの葉です。

山火事が起きている面積のうち、75%がコアラの生息地であり、多くのコアラが犠牲になっています。

NSW州のポート・マッコーリー・コアラ病院では、傷ついたコアラコアラの保護を行なっており、焼け野原になった場所に生息する野生のコアラの為の水飲み場設置や、水を運ぶ為の乗り物、コアラの生息地の再生等を目的に、募金サイトを立ち上げてています。


現在、ポート・マッコーリー・コアラには、目標の$25,000 ASDを大きく上回る$7,607,000AUDが集まっていますが、まだ募金を受け付けているようです。

募金額は$5 AUDから$10000 AUDまで細かく分かれているため、自分の好きな額を募金する事ができます。下のように進むと募金ができます。

①募金額を選ぶ
②Add to cart (カートに入れる)
③Checkout
④PayPalで支払う、もしくは必要な情報を入力する。
⑤Pay nowでお支払い







③. 市民の人々を支援する

Picture:Peter Lorimer Source:News Corp Australia:消火活動で疲労困憊の消防士

ニューサウスウェールズ州地方消防局 (NSW Rural Fire Service)を支援する


NSW州地方消防局の消防士を支援するサイトはこちら



こちらは、1番被害の大きい NSW州の、ボランティア集めて活動している、ニューサウスウェールズ地方消防局 (NSW RURAL FIRE SERVICE) へ寄付ができるするサイトです。

今季のオーストラリアの火災では、残念ながらアメリカから駆けつけた3人の消防士を含めて、7人の消防士が亡くなりました。

ボランティアの方を含め、オーストラリアの消防士たちは今もなお迫り来る炎と戦いながら、市民を守っています。

そんな消防士の活動へは、次の手順で寄付ができます。

①Make a donation to the NSW Rural Fire Serviceを選択
②寄付額を選択
③住所、クレジットカードの情報を入力してNEXTで進む。
(住所入力の際の、CountryとState/Territoryは、Otherを選択する。)
④入力した情報に間違いが無いか確認し、表示されているコードを入力して、Make paymentでお支払い

※住所等の情報の入力方法が分からない方は上の WIRES 、コアラ病院の画像を参考にして下さい。




食糧や滞在先を支援している緊急支援救世軍(SAES)を支援する


SAES (Salvation Army Emergency Service)の募金サイトはこちら



緊急支援救世軍(SAES) は、消防隊、緊急対策に携わっている方々、避難している人々およびそのコミュニティへ食糧や滞在先、物資や金銭的な援助を行っている団体です。

救世軍という、日本では聞きなれない名前ですが、キリスト教の団体のようです。

寄付の方法は、

①Once-off(1回のみ)を選択
②支払方法を選択し、③Nextで進む
④支払額を選択し、⑤次へ進む
⑥カード情報を入力したら、Donate$~AUDを押す



6. さいごに


私自身、オーストラリアの中で1番火災の被害の大きいNSW州にいる彼氏と遠距離恋愛中なのですが、

実際に彼の友達や、弟の彼女の家族の町には炎が押し寄せ、非難を余儀なくされました。

そのため今回は、オーストラリアの現状を多くの方に知ってほしくて、オーストラリアの火災に関する情報をまとめました。

また、 オーストラリアの火災のために私たちのできること、つまり、募金ができるサイトをご紹介していますので、

オーストラリアのために何かをしたいけど、どうやって支援をしたら良いかわからない。

という方のためになれば良いなと思います。

みなさんの支援で、オーストラリアの火災の被害が早く鎮静化し、被害に遭った方々や、失われた動物たちの住まいの回復に役立ててほしいと思います。

また、オーストラリアの火災に関する、日本語での情報はまだまだ多くないようなので、SNS等での記事のシェアもよろしくお願いします!!

コメント